pagetop

中学受験は大学受験を乗り切るため

近年では公立の中高一貫校も増えてきたことで中学受験を受ける人が増えています。
中高一貫校の利点は、大学受験に向けた勉強が中学校からの6年間を通して効率よく学ぶことが出来るところです。
またクラブ活動の面でも同一のクラブで長期な活動ができるというのはチームの決断力も高まりますし個人の能力を伸ばすためにもとても良いことです。

中高一貫校では、中学受験をする必要がありますが、かわりに高校受験をする必要がなくなります。
大学受験に向けた勉強をしている間に高校受験に時間を割かれてしまうのは時間にも余裕がなくなりますし受験生にも負担になります。
そういった負担がなくなる中高一貫校に人気が高まっているのも事実です。

中高一貫校の中でも人気の学校は主に私立の学校が多いです。
その理由は、私立では学校独自の教育方針や大学受験に向けてのカリキュラムを取り入れており、大学への進学率が高くなっているためです。
また無試験で進学する公立の学校に比べると受験で同じくらいのレベルの人たちが集まる学校のほうが授業のレベルも合わせやすく生徒同士もいい刺激をもらいながら勉学に励むことが出来ます。

中学受験をする人の理由のほとんどが大学受験を視野に入れた選択を行っているため、必然と大学への進学率がよい学校が選ばれやすくなっています。
将来のことをきちんと考えるいい機会となりますので中学受験をするかどうかを一度真剣に考えてみてください。

新着情報

【2016年12月01日】 ホームページを更新しました

ページの先頭へ戻る